高齢者居住法について

高齢社会になってきている日本では、高齢者がいかに快適に生活できるのか、ということを真剣に考えなくてはなりません。

どんなに快適な空間であったとしても、それが高齢の方をないがしろにしているような状況であれば、真の快適とは呼べないでしょう。

そんな高齢者のための空間を作るための法律として、高齢者居住法があります。

これは、高齢者の生活の妨げとなるような、様々なバリアを排除した空間を設置することが義務付けられているものであり、主に老人ホームなどの高齢者施設の構造に関しての法律になっています。

高齢の方にとっては、何が障害になるかわかりません。

若年層の方であれば何の問題もないようなことでも、高齢者にとっては非常に危険なものである可能性もあります。

ですから、そのような小さな危険にも目を配りながら、快適な空間を追い求めていくのです。

全ての方が快適に暮らせる環境を整えるためにも、まずは高齢者の方の生活を第一に考えることが大切です。